ホース継手とは?

「継手(つぎて)」とは、2つの部材を接合する構造の総称や方法。またその接合部のこと。

継手とは?

「配管継手」とは、主にパイプとパイプをつなぐものを言います。
ちなみに、工場内で原材料や水を流したりする流体配管用の継手は
「カップリング」「フィッティング」「コネクター」「ジョイント」「流体継手」等、様々な呼び方があります。

配管継手 種類

「ホース継手」とは、機器と機器をつなぐホース配管において、ホースの先端に取り付けるもの。
取り付け方式はねじ込み式クイックファスナ式、カプラ等があり、材質もステンレスや真鍮、樹脂など用途によって様々なものがある。
リガルジョイントの「カンタッチ」は計装配管用のねじ込み式ホース継手。
ホース継手にも袋ナット式と、ホースニップル+ホースバンド式があり、当社の「カンタッチ」は誰でも何度でも同じように取り付けられる袋ナット式です。


   

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.