環境への取り組み

冷温水空調システム 〜特許取得〜

       
 









 冷暖房時の廃熱を大気に放熱せずに

    

 








エネルギーとして蓄熱するシステムです。
(クーリングタワーは不要)

 



一般的に電気を使用した空調は室内機と室外機を設置し、
冷房時に温熱を、暖房時に冷熱を室外機から大気に排出しています。
都心におけるこの夏場の温熱排出は、ヒートアイランド現象の一因と
なっています。





 

 


 





 

このシステムは、室外機から放熱していた大気への廃熱を、
熱エネルギーとして地下にある冷水槽・温水槽に貯め、
冷水・温水として利用できることが最大の特長です。

冷水は初夏の冷房運転時に利用しています。
その結果、チラーで使用する電力を減らし、CO2を120〜150kg削減しました。

また、温水は当社の工場設備として試験や実験に使用する予定です。



 


しくみ図


 

CO2削減効果

 

年間約200㎥の水道使用量を削減。CO2削減効果は、年間で40kgです。

 
 

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.