もっと熱処理加工部品の品質を安定させるには?

高周波誘導加熱炉の冷却水配管

炉体のコイル焼損を防ぐため、低コストで冷却水配管を改善したい


 

熱処理加工部品の品質向上には、加熱炉の冷却水流量監視が必須条件


加熱炉の冷却水は、ボールバルブの開け具合で流量調整していた!

●正確な量の冷却水を流していない
…炉体の冷却水はボールバルブを半分開けるなど正確な量に調整していなかった。
目分量による調整でやりにくさもあった。

●品質が安定せず、生産効率も悪い
…品質がバラつき、歩留まり率も悪い。

●冷却水断水はコイル焼損事故につながる
…当社の流量計「KSLシリーズ」を購入し、冷却水の流量と温度を計測・管理するようになったが、
もっと正確に流量調整ができるバルブを探していた。


 

誘導加熱炉のコイルを冷却!

誘導加熱炉は、コイルに電流を流した時に起きる金属の電磁誘導を使って、
金属を非接触で発熱させています。もしコイルを冷やす冷却水が断水すれば、
コイルが焼損してしまいます。
コイルが焼損すれば、装置は停止し、作っている製品の品質にも影響します。
つまり、熱処理加工(焼き入れ・焼きなまし)部品の品質を一定に保つためには
冷却水の管理が不可欠なのです。
誘導加熱炉 熱処理 コイル焼損防止 電磁誘導 冷却水

 

冷却水の流量を管理しないと、誘導加熱炉で行う熱処理加工の温度を一定に保てない!
つまり、高品質で安定した部品は作れない。
歩留まり改善は、冷却水の監視から!

 

流量計は熱処理加工(焼き入れ・焼きなまし)の工程で使われています

熱処理加工 シャフト 加熱誘導炉 流量計
熱処理加工の冷却水管理 コイル焼損防止 流量計 ニードルストップバルブ 集合配管システムマニホールド 


ボールバルブと比べ、飛躍的に流量調整しやすくなった!
流量計と組み合わせることで、冷却水の流量を正確に調整・監視できるようになり、何℃の水を何L流しているか正確に把握できるようになった!
その結果、歩留まり率も改善した!

金型冷却水の流量・温度を監視できるようになった!

高品質・生産スピードもアップ!

●品質の安定・向上
…誘導加熱炉のコイル冷却水の流量が安定し、コイル焼損の心配がなくなった!
結果、熱処理加工部品の品質が安定し、歩留まり率が改善された!

●生産効率アップ
…歩留まり率が改善され、生産スピードアップ

●省スペース配管
…ニードルストップバルブを使う事でニップルが不要になり、
ボールバルブよりサイズダウンする分、省スペースで配管できる!



今までは冷却水の流量調整はボールバルブを半分開けたりして調整していたんです。
でもこれは熱処理加工の品質を現場任せにすることになるので、何とかしなければと
考えていました。
リガルジョイントのホームページをたまたま見ていたら、トップページに
新製品「ニードルストップバルブ しぼり」の情報が!
安価な流量計を探していたのもあり、PSLと合わせて見積もりをとったところ、
コストメリットがあったので導入に至ったんです。
冷却水の流量調整が格段にしやすくなって、助かっています。
ニードルストップバルブにしては個性的な形ですよね(笑)

 

複数のラインで流量調整・監視しなくてはならなかったので、
流量計PSLとニードルストップバルブ「しぼり」を
マニホールドに搭載してもらいました。
10ラインのIN・OUT配管をすべてマニホールド化、
架台に配置してもらっての納品。
うちの特注設計をスピーディーに首尾よく
引き受けてくれて嬉しかったです。


 



この商品で実現しました

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.