MRI装置の冷却に当社の流量計や継手が使われています

【MRI装置とは】(MRI=MagneticResonanceImaging:磁気共鳴画像診断装置) MRI検査は強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査装置。 脳や、脊椎、四肢、子宮、卵巣、前立腺等の様々な病巣を発見することができ、病気の早期発見、診断に有効とされ研究が進んでいます。


【MRIのしくみ】
MRIはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)と言って、磁石の埋め込まれた大きなトンネルの中に人が入り、これに共鳴した体内の水素原子核からの電波を受信して画像化する診断装置です。

体内中の水素原子核が磁気に共鳴し、弱い電波を発生します。 MRIはその電波を受信して画像を作成します。

MR(磁気共鳴)信号を作るためには静磁場コイルとRF(高周波)コイルが必要です。 これを画像化するためには、傾斜磁場コイルが必要です。つまりこの3種類のコイルはMRI装置の重要な要素。画質の向上や検査の効率化に役立っています。

このコイル、磁場が生じるからすごく発熱するよね。もし、このコイルが熱くなり過ぎるとどうなるの?
装置の故障に繋がって、正確な検査が行われなくなってしまうんじゃ。
ここで登場するのが当社の流量計や継手。
装置を熱から守るために、コイルの冷却部門を担当するんじゃ。
装置を支える強い味方と言ってもいいな。


流量計や継手は、コイルの冷却に使用されています

当社の流量計や継手はユニットとして、
コイルの冷却に使用されています。

熱処理加工の冷却水管理 コイル焼損防止 流量計 ニードルストップバルブ 集合配管システムマニホールド

水周りの設計まで丸ごと依頼できて、手間が省けた



うちのMRI装置には、もう10年来、リガルジョイントの冷却ユニットを導入
しています。 

当初は流量計単品を使っていたんですが、私たちにしてみれば、冷却水配管の
設計が 面倒だったんです。 MRI装置本体の設計に集中したい訳ですからね。
だから、流量計だけでなく接続する配管部品の取り扱いや、水周りの設計まで
丸ごと お願いできると聞いて、これは楽だな、と感じて一括して注文する
ようになったんです。


参考資料

株式会社日立メディコ

< http://www.hitachi-medical.co.jp/open-mri/ >(2014ー07-11アクセス)



この商品で実現しました

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.